MENU

マタニティヨガにはヒーリング効果あり?!|オンラインレッスンで癒されよう

マタニティヨガにはヒーリング効果あり?!
  • 妊娠中の運動不足をなんとかしたい
  • マタニティヨガに興味がある
  • 体も動かしたいけど心のケアもしたい!

妊娠中は、自分の身体ではなくなってしまったように、妊娠前と比べると様々な不調がでてきてしまうことがありますよね。

そんな不調を取り除く一つの方法として、自宅にいながら気軽にできるマタニティヨガのオンラインレッスンがおすすめです。

マタニティヨガは妊婦さんの身体への負担も少ないため、産婦人科でもマタニティヨガクラスを開催していることも増えてきています。

妊娠中はイライラしたり情緒不安定になりがちなので、マタニティヨガで身体と心を癒してあげる時間をつくって自分のことを癒してあげましょう。

私は妊娠中にマタニティヨガ講師の資格を取得しました。そして信頼できるヨガ講師の方の下でオンラインでマタニティヨガとヒーリングを受けた経験があるので安心して読み進めてくださいね。

マタニティヨガ講師の資格
実際に取得したマタニティヨガ講師の資格
目次

マタニティヨガにはなぜヒーリング効果があるの?

マタニティヨガに限らず、ヨガを行うことでヒーリング効果を期待できます。

なぜならヨガのゆったりとした深い呼吸は、自律神経のバランスを整えることにも繋がるからです。

自律神経、すなわち交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまうと、人間の身体は不安や緊張感が高まってしまいます。

通常はストレスや心配事、プレッシャーなどが原因で自律神経が乱れてしまうことが多いでしょう。

その上、妊娠中は女性ホルモンのバランスが乱れてしまうことが原因で、自律神経にも影響を及ぼしてしまうこともあるといわれています。

実際に、私も妊娠中は気分の浮き沈みが激しく、精神的につらい時期もありました。妊娠前とは比べ物にならないくらい、心配性になったりしていました。

しかし、ヨガを日常の中にとりいれていくことで、ゆったりとした時間の中で自分自身の心と身体に向き合うことができました。

私の場合は、マタニティヨガのお陰で前向きなマタニティライフを過ごすことができました。自分を癒す時間を取れていない妊婦にはおすすめです!

マタニティヨガはいつからいつまでできるの?

マタニティヨガは、呼吸法や心と身体をゆるめるワークが中心なので、妊娠初期から出産直前まで行うことができます。

ですが注意点として、ポーズ(アーサナ)をとったり、体力をつけるために動いたり、体幹や足腰を鍛えるのは妊娠中期からにしましょう。

なぜなら、妊娠初期の12週~13週までは、出来るだけ体と心を休ませて妊娠している状態に慣れていく必要があるからです。

妊娠中期の16週~27週は胎盤も完成し、ママも赤ちゃんも落ち着いてくる時期なので少しずつ動いて行えるヨガを取り入れていくと良いでしょう。

ママさんの体調によるので、産婦人科の医師や助産師さんに相談しながら始めていくと、安心してマタニティヨガを行うことができます。

マタニティヨガオンラインレッスンのメリット

マタニティヨガは、ヨガスタジオへ行って受講することもできますが、スタジオへ通うよりも断然オンラインレッスンの方がおすすめです。

マタニティヨガをオンラインで受講するメリットは下記になります。

メリット
  1. 自宅にいながら気軽にできる
  2. ヨガスタジオへ通うよりもリーズナブル
  3. 化粧をしたり着飾って参加する必要がない

妊娠中は疲れやすかったり、外出が大変な時期があります。

ですが、オンラインレッスンならば外出する必要がなく、自宅にいながら気軽にマタニティヨガを行うのに最適なのです。

身体に負担をかけないのはもちろん大切なことですが、運動不足も母体にとってよくないのでマタニティヨガで適度な運動をするのは本当におすすめですよ♪

マタニティヨガで期待できる5つの効果

オンラインでマタニティヨガを受講する妊婦

マタニティヨガの効果は、主に下記の5つの効果があります。

マタニティヨガで期待できる効果
  1. 運動不足の解消
  2. ストレスの発散
  3. 体重増加の予防
  4. 不安を和らげリラックス効果を期待できる
  5. 出産に向けて心の準備が出来る

マタニティヨガは赤ちゃんと向き合う時間にもなるので、妊娠中はぜひ生活の中に取り入れていきましょう!

1.運動不足の解消

妊娠中は、つわりで動くことが辛くなったり、身体を休めなければいけない時間が増えるので、どうしても運動不足になりがちです。

とはいえ激しい運動はできないし、体調がすぐれない日も多いし……。

という方にこそ、オンラインでできるマタニティヨガがおすすめ。

マタニティヨガでは座ったまま行えるポーズや、仰向けに寝て行うポーズが多いので身体に負担をかけずに行うことが可能です。

外出する必要もなく、お化粧したり動きやすい恰好ならば、寝起きのまま着替えたりする必要すらありません。気軽に運動不足の解消をするためには、マタニティヨガが最適です!

2.ストレス発散に効果的

妊娠中は、妊娠前の自分の身体とは全く違う身体になってしまいます。

ですから思うように身体が動かなかったり、ホルモンバランスが崩れたりで身体と心へのストレスが増えてしまうことが多いでしょう。

マタニティヨガは、ゆったりとした呼吸で行うので自律神経が整い、ストレスから解放されて心を鎮める効果を期待できるのです。

3.体重増加の予防

妊娠中は、時期によって食欲が増して来ます。

特につわりから解放されて、安定期~妊娠後期はいくら食べても満腹にならなかったり、脂っこいものや甘いものを好んで食べてしまう方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、食べたいものを我慢してしまうと、ストレスをためてしまう原因にもなりかねません。

しかしマタニティヨガを生活の中に取り入れることで、食事の時間が管理され間食することも減るため、体重増加予防にも効果があります。

4.リラックス効果が期待できる

リラックスしている妊婦

先ほどからご説明しているように、マタニティヨガは通常のヨガよりも呼吸に意識を向けて行われます

そうすることで、自分自身の身体や心の状態、そして赤ちゃんの存在を感じることにも意識が向き、自分の内側をみつめる時間も必然的に増えるのです。

自分の内側だけに意識を向ける時間をつくることによって、自分への理解も増し、心を落ち着かせてリラックスさせられる効果が期待できます。

赤ちゃんの胎動を感じられるようになったら、赤ちゃんへ意識を向けて呼吸をしてみましょう。
愛しさも増してますます心がリラックスしていきますよ♪

5.出産に向けての準備

マタニティヨガでは、出産に必要な筋肉を意識してポーズを行っていきます。

股関節をほぐして骨盤を調整したり、骨盤底筋や、足腰を強化するするポーズも多くマタニティヨガには取り入れられています。

そしてなによりマタニティヨガの呼吸法は、出産の時にも役に立つでしょう。

陣痛のときにマタニティヨガの呼吸法を行うことで、筋肉の緊張が緩んだり、痛みを和らげて気持ちを落ち着かせる効果が期待できいます。

マタニティヨガを行うことは、妊婦さんにとってメリットがたくさんあります。私の場合は、心配や不安が大きかったマタニティライフでしたが、マタニティヨガのお陰で、出産が楽しみにさえ思えるようになりました。

マタニティヨガを行う際の3つの注意点

次に、マタニティヨガを行う際の注意点をご説明していきます。

マタニティヨガを行う際の注意点
  1. 医師の承諾を得てからクラスに参加する
  2. ヨガ初心者の場合は安定期から始めるのが適している
  3. マタニティヨガを行う際は食後2時間あけてからが好ましい

あなただけの身体ではないので、しっかり注意点を理解した上でマタニティヨガを生活の中に取り入れていきましょう。

1.医師の承諾が必要

医師の承諾

マタニティヨガのクラスがあるスタジオでは、医師の承諾の有無を確認する場合がほとんどです。

  • 妊娠16週以降
  • 切迫兆候がない
  • 医師の許可おりている

上記の3つのことは、マタニティヨガクラスに参加するための主な条件になるでしょう。

妊婦健診時に、医師から許可をいただいて安心できる状態でマタニティヨガを行いましょう。

2.ヨガ初心者は安定期から始める

ヨガ初心者の方は、マタニティヨガを安定期から始めるのが好ましいといわれています。

なぜなら、妊娠15週目までの妊娠初期は、つわりの症状や下腹部の張りといった不快な症状が出やすい時期だからです。

ちなみに、ヨガを何年も続けていたり自分の身体のことを日ごろからしっかりとみつめている方ならば、妊娠初期からマタニティヨガを行っても問題はないと言われています。

ヨガ経験者であっても妊娠初期から始める場合は医師に必ず相談した上で行いましょう

食後2時間はあけて行う

通常のヨガでも、最低でも食後2時間あけて行うことが好ましいです。

なぜなら満腹の状態でヨガを行うと、身体や内臓に負担がかかったり、胃がもたれて気持ち悪くなってしまうこともあるからです。

とはいえ、マタニティヨガをする際は、お腹が空き過ぎてフラフラの状態も良くありません。
ヨガを行う際は食事の時間管理もしっかりしていきましょう。

ヒーリングについて

ヒーリングという言葉には、治療する・癒すなどという意味がありますが、日本では手当て療法やエネルギー療法のイメージが強いのではないでしょうか。

ヒーリング(Healing)は、治療する・癒やす・回復する、と訳される。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ヒーリングを行うと、日常の忙しさで崩れてしまった人間の心や体を本来の姿に戻したり、より良いバランスに戻すこともできると言われています。

ちなみに、ヨガのクラスなどで使われている音楽は、ヒーリングミュージックが流れている場合が多いです。

カフェやエステなどでも流れてたりするので、ヒーリングミュージックに関しては日常の中でも触れる機会が多いかもしれません。

私が実際に妊娠中に受けたのはマタニティヨガは、ヒーリング効果が高いものでした。マタニティヨガ&ヒーリングクラスのお陰で、心と身体のバランスを整えて出産に向かうことができたので、後程詳しくご説明していきます。

マタニティヨガ&ヒーリング3つの効果

私が妊娠中に受講した、マタニティヨガ&ヒーリングで感じられた効果は下記になります。

ヒーリングで感じられた効果
  1. 出産への不安が解消され安心感が得られた
  2. 赤ちゃんとの繋がりをイメージできた
  3. 瞑想やアファメーションをすることで前向きな気持ちになれた

ヒーリングのイメージがわきにくい方もいると思うので、それぞれご説明していきますね。

1.出産への不安が解消され安心感が得られた

赤ちゃんが産まれて来てくれるまでは、不安や心配事がずっと消えないという方は多いのではないでしょうか。

「元気に育ってくれているかな?」「無事に産まれて来てくれるかな?」などと毎日考えたりしまったり、胎動が少ない日は不安になって眠れないこともあるでしょう。

私も赤ちゃんが産まれてくるまではそんな気持ちになることもありましたが、定期的にヒーリングを受けたことによって、心配事が和らいでいきました。

妊娠中は不安定になりがちなので、定期的に悩みや心配事をきいてもらえる相手がいると非常に心強いです!

2.赤ちゃんとの繋がりをイメージできた

マタニティヨガ&ヒーリングでは、ママと赤ちゃんへの癒し効果が期待できます。

私は赤ちゃんの状態や赤ちゃんのエネルギーまで読み取る力はなかったのですが、ヒーリングの先生は赤ちゃんの状態がエネルギーを通じてわかる方でした。

「エネルギー」や「波動」などと言われても、スピリチュアルで怖いと感じる方もいるかもしれませんね。ですが私がお世話になった方はスピ系でも宗教家でもなかったので安心して受けることができました。

3.不安定だった気持ちが前向きな気持ちになれた

マタニティヨガ&ヒーリングでは、アファメーションも行いました。

アファメーションとは自分自身にポジティブな言葉を語り掛けること

アファメーションは、自分自身の潜在意識にはたらきかけて前向きな行動力を引き出し、現実を自分の理想に近づけていくことが出来るといわれています。

ヒーリングの先生がその時々で必要な言葉を与えてくれるので、その時抱えている不安を和らげながらアファメーションで自分の心を前向きに持っていくことができました。

アファメーションにはなかなか縁がないかたもいらっしゃるかと思いますが、妊娠中はやってみる価値が非常に高いと感じました。

マタニティヨガ&ヒーリングは【ぬくもりヨガ】がおすすめ

私は妊娠中に、ぬくもりヨガの赤ちゃんと繋がるマタニティヨガ&ヒーリングというオンラインのレッスンを定期的に受講していました。

先生は非常に信頼出来る方で実力も確かな方でした!

ぬくもりヨガ

ぬくもりヨガのマタニティヨガ&ヒーリングは、赤ちゃんとの繋がりを深めていくことで、愛に満ちたマタニティライフを送れるようにレッスンを進めてくれます。

赤ちゃんとの繋がりを深めて安産に臨みたいという方は、是非ぬくもりヨガ公式HPをチェックしてみてくださいね。

先生は受講者の体調や心の状態もしっかりみてレッスンをカスタマイズしてくれます。全て先生に委ねてしまえば良いので、ヨガ初心者でも気軽に受講することができますよ!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる