MENU

【重要】妊娠中に使うシャンプーが胎児に及ぼす影響と経皮毒の危険性

経皮毒の危険性

妊娠中は、普段使っている日用品を見直す良い機会です。

普段はどんな成分が配合されているかチェックせずに使っていても、妊娠をきっかけに気にするようになる方は多いですよね。

  • 化学物質の入ったシャンプーは危険?
  • 経皮毒が胎児に及ぼす影響は?
  • 日用品はオーガニック成分のものにした方が良い?

と心配になっている方は、こちらの記事をお読み進めて下さい。

妊娠する前は「安くて髪質に合うもの」を選んでいましたが、今ではオーガニックのものを使っています。

目次

妊娠中に使用するシャンプーが胎児に及ぼす影響は?

妊娠中に使用するシャンプーは気を付けた方が良いと聞いたことがありませんか?

私は、実際に通っていた産婦人科の助産師さんに「シャンプーやボディーソープは気を付けた方がいいよ」と言われたのがきっかけで、日用品を全てオーガニックのものに買い替えました。

なぜそのような忠告をしてくれたのかが気になったので、シャンプーやボディーソープに関して調べてみました。

すると、下記のような添加物が製品が含まれていることを知ったのです。

シャンプーやボディーソープに含まれている添加物
  • 合成香料(ベンゼン・アセチレンなど基礎的な化学物質)
  • 合成着色料(化学的に合成された色素)
  • 合成防腐剤(石油原料から作られた合成成分)
  • 酸化防止剤(自らが酸化することでほかの食品そのものの酸化を防ぐ食品添加物)

妊娠するまで自分が使っている商品に何が含まれているかなんて気にしていなかったので、様々な製品に添加物が含まれていることを知り驚きました。

経皮毒の危険性について

髪を洗っている女性

経皮毒という言葉を知っていますか?私は妊娠をきっかけに知りました。

経皮毒(けいひどく)とは、日常使われる製品を通じて、皮膚から有害性のある化学物質が吸収されることとして、稲津教久らがその著書で使用している造語。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ウィキペディアで調べてみると、経皮毒というのは造語だということがわかりました。

とはいえ、なぜ危険だといわれているのか気になったので調べてみました。

経皮毒の危険性

経皮毒に関しては、様々な情報が出回っています。

産婦人科医として有名な池川明先生は、経皮毒に関しての問題を取り上げて「女性を悩ませる経皮毒」という本を出版されております。

created by Rinker
¥1,006 (2022/05/22 14:31:40時点 Amazon調べ-詳細)

日用品に含まれる有害化学物質は、子宮内膜症、乳がん、子宮がん、卵巣がんの発生率を高め、不妊症を増加させています。最大の危険は冒された母胎から胎児への影響です。

出典:女性を悩ませる経皮毒(「BOOK」データベースより)

実際に、私の通っていた産婦人科の助産師さんの中には「赤ちゃんからシャンプーの匂いがする」という方は数人いらっしゃいました。

とはいえ、危険性に関してはハッキリとした回答はいただけませんでした。

産婦人科によってはさほど気にしていない助産師さんもいるので、神経質になりすぎなくてもいい問題だと感じました。

経皮毒は存在しない?

経皮毒のことを気にする方はいますが、一方で「経皮毒なんて存在しない」という意見も多いです。

そこで、内科・皮膚科医の友利新先生によるYouTube動画が非常に参考になったのでご覧ください。

動画の主な内容
  • 界面活性剤が沢山入っているシャンプーは羊水にたまるのか?
  • 赤ちゃんを産むとき、赤ちゃんはシャンプーの匂いがするのか?
  • 毒素はなぜ子宮にたまるのか?
  • 子宮のない男性の場合、経皮毒はどこにたまるのか?

などという疑問に答えてくれています。

友利新先生による結論は、下記の内容です。

  • 経皮毒という言葉は医学用語ではないし、存在しない。
  • 何かが蓄積されて、子宮にたまるということはない。

ということでした。

経皮吸収しても体にたまることはないそうです。

体に留まらないこそ、皮膚科医として患者さんへ「1日2回、お薬を塗って下さい」ということが出来ると主張をされています。

しかも友利新先生は、お子さんが3人いらっしゃる上に、義理のお兄さんは産婦人科医だそう。

しかし、誰一人として「赤ちゃんがシャンプーの香りがすると言っている人はまわりにいない」という事実もお話していました。

経皮毒に関しては、先生によって様々な意見があるようです。どの意見も参考程度に、自分自身がいいと思ったことを生活の中に取り入れていきましょう。

妊娠中に利用しても安全なシャンプー

次に、妊娠中に利用しても安心なおすすめの無添加シャンプーをお伝えします。

妊娠中におすすめのシャンプー
  • カウブランド無添加シャンプーしっとり
  • 新アミノシールドソープD
  • ミノン

私が実際に使用した使い心地もお伝えしていきます。

カウブランド無添加シャンプー

恐らく、カウブランド無添加シャンプーは誰もが目にしたことがあるのではないでしょか。

近所のドラックストアなどに必ずといっていいほど販売されている商品です。

カウブランド無添加シャンプーは、「しっとり」「さらさら」の2種類販売されているのですが、私はしっとりの方が髪質にあっていました。

お値段も高くないので、とりあえず無添加シャンプーに切り替えたいという方は試してみる価値ありです!

アミノシールドソープD

アミノシールドソープDは、カウブランド無添加シャンプーよりも私の髪の毛につやを与えてくれました。

なぜなら、アミノシールドソープDにはアミノ酸が配合されているため、髪に栄養を与えて健康に保つことができるのです。

しかも泡立ちがよく、コンディショナーやトリートメントがなくても、シャンプーだけで頭皮・毛髪のうるおいが保てます。

created by Rinker
アミノシールド
¥2,960 (2022/05/23 04:21:01時点 Amazon調べ-詳細)

香りは柑橘系の香りなので、妊娠中のつわりの時期でもおすすめです。柑橘系が好きならばとても気に入る香りだと感じています。

下記の記事にアミノシールドソープDについて詳しく書いているので、参考にしてください。

ミノン薬用ヘアシャンプー

ミノン薬用ヘアシャンプーも、ドラックストアなどでよく目にすることが多い商品でしょう。

子どもから大人まで、頭皮が弱い方に人気の商品です。

created by Rinker
¥1,265 (2022/05/23 02:43:21時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ:経皮毒の気にしすぎは禁物

オーガニック

妊娠中は日用品や、洋服の素材など、オーガニックなものを好むようになる女性は多いです。

しかし、情報過多な今の時代「どの情報を選べばいいのかわからない」という方もいらっしゃるでしょう。

気を付けて欲しいのが、企業の広告です。

「オーガニック」をすすめつつも、成分をくみてみるとオーガニックではなかったなんてこともよくある話なので気を付けましょう。

しっかり自分の目で成分を確かめて、購入するようにしましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる