MENU

ルイボスティーがヤバイといわれる5つの理由|肝臓に悪い飲み物って本当?

ルイボスティーはやばい飲み物?

ルイボスティーは肝臓に悪いし、水銀も含まれてるヤバイ飲み物って聞いたけど本当なの?

ルイボスティーについての情報を調べると、上記のような情報がでてくることがあります。

この情報だけでは、ルイボスティーはヤバすぎて絶対に飲みたくないですよね。

しかし実際は、ルイボスティーはヤバイ飲み物ではありませんし、妊娠中でも安心して飲むことができる飲み物として妊婦さんからも人気のお茶です。

実際に、私は妊娠中にルイボスティーを飲んでいましたが、母胎にも産まれてきた子どもにも悪影響はありませんでした。

私はルイボスティーを飲むようになってから10年以上が経過していますが、未だに身体にとってやばいと思うような影響はなにも起きていません。

しかし、インターネットの情報の中ではルイボスティーはヤバイと騒がれていたこともあるようなので、その理由を調べてみました。


目次

ルイボスティーがやばいといわれる5つの理由

ルイボスティー

ルイボスティーがヤバイといわれている理由は、下記の5がみつかりました。

ルイボスティーがヤバイといわれる理由
  1. 水銀が含まれている
  2. 肝臓や腎臓に悪い
  3. ピロリジジンアルカロイドが含まれている
  4. 妊娠中に飲むと危険
  5. 下痢になる

水銀が含まれているという情報をみたら、絶対飲みたくないでしょね…。ルイボスティーがヤバイといわれている他の理由に関しても詳しく見ていきましょう。

水銀が含まれている

ルイボスティーがやばいと言われている一番の原因は、水銀が含まれているといういわれていることでしょう。

なぜこのような情報が流れているかというと、ルイボス茶葉が栽培されているのは南アフリカであることが考えられます。

なぜなら、南アフリカは金などの鉱物資源の採掘が盛んに行われていました。

それに伴い、多くの水銀中毒患者が出たことでルイボスティーに水銀が含まれていると言われるようになったのが原因のようです。

しかし、日本で販売されているルイボスティーは厳重に検査して出荷されているものがほとんどなので、心配する必要はありません。

ちなみに厚生労働省のデータによると日本人の水銀摂取の80%以上が魚介類からだという結果が出ています

【魚介類の摂食と水銀】
・魚介類(クジラ類を含む。以下同じ。)は、良質なたんぱく質や健康に良いと考えられるEPA、DHA等の高度不飽和脂肪酸をその他の食品に比べ一般に多く含み、また、微量栄養素の摂取源である等、健康的な食生活にとって不可欠で優れた栄養特性を有しています。
・魚介類はこのように利点が多い食材ですが、反面、自然界に存在する水銀を食物連鎖の過程で体内に蓄積するため、日本人の水銀摂取の80%以上が魚介類由来となっています。また、一部の魚介類については、特定の地域等にかかわりなく、水銀濃度が他の魚介類と比較して高いものも見受けられます。

出典:厚生労働省魚介類に含まれる水銀について

水銀が多く含まれているのは、マグロ・カジキ・キンメダイなど。食べすぎには注意しましょう。

肝臓や腎臓に悪い

「ルイボスティーは肝臓や腎臓に悪い」といわれてる情報も目にしたので、私なりに時間をかけて調べてみました。

その結果、肝臓に悪いという情報はいくつかみつけたのですが、エビデンスに基づいて書かれているものに辿り着くことは出来ませんでした。

実際は「ルイボスティーは肝臓に良い」と書かれている情報の方が多かったです。

しかし唯一気を付けるべき方は、肝臓や腎臓に疾患のある方です。

ルイボスティーは飲み過ぎなければ問題はないといわれていますが、万が一のために肝臓や腎臓に疾患がある方は医師に相談してから飲むとよいでしょう。

ピロリジジンアルカロイドが含まれている

ピロリジジンアルカロイドとは、植物が作る天然物の一種で、その一部には毒性があることが確認されているようです。

ヒトでは確認されておりませんが、動物実験では発がん性があるものもあることが報告されています

ピロリジジンアルカロイドが含まれているものは下記になります。

  • キク科やムラサキ科等の植物の一部
  • ハーブティー
  • はちみつなどのミツバチ生産物

恐らく多くの方は、ピロリジジンアルカロイドが含まれているものを今まで食べたり飲んだりしてきたはずです。

農林水産省の公式HPには、ピロリジジンアルカロイドによる健康被害は日本国内では報告されたことがないと記載されておりました。

健康に影響があるかどうかは、食品に含まれるピロリジジンアルカロイド類とその毒性の種類や強さ、その含有濃度、食品の摂取量や頻度によります。また、影響の受けやすさには個人差があることから、単純に影響があるかどうかをお答えすることはできません。なお、日本国内で食品中のピロリジジンアルカロイド類による健康被害は、これまで報告されていません。

出典:農林水産省公式HP

ちなみに私はこの記事を書くまで、ピロリジジンアルカロイドという言葉さえきいたことがありませんでした。

ピロリジジンアルカロイドの毒素は、人間には健康被害がないとされていますが、心配に感じる方はルイボスティーを控えた方が良いと言えるでしょう。

あまり気にしすぎるとハーブティーも飲めなくなってしまいます。ピロリジジンアルカロイドに関しては頭にいれておく程度でよさそうですね。

妊娠中に飲むと危険

先ほどお伝えしたルイボスティーには水銀が含まれているという情報が原因で、妊娠中に飲むのは危険だとも言われています。

とはいえ実際は、日本で販売されているルイボスティーは有機JAS認証・エコサート認証どちらかの表示があるものが多いので、妊娠中も飲む過ぎなければ問題ありません。

有機JAS認証・エコサート認証については後程ご説明します。私は妊娠前も妊娠中も飲んでいましたが、母子共になんの問題もありませんでした。

ルイボスティーを妊娠中に飲まない方がいいという理由をあげるのであれば、ポリフェノールが含まれているからということが考えられます。

ポリフェノールの過剰摂取は、胎児の血管が狭まったり閉じたりする「胎児動脈管早期収縮」を引き起こすことがあるようです。

妊婦さんがルイボスティーを飲む場合は、1日2~3杯程度にして薄めて飲むようにしましょう。

下痢になる

ルイボスティーには、マグネシウムも含まれているため、下痢を引き起こす可能性が高いという意見もあります。

カフェインとマグネシウムの過大摂取は、下痢になることが多いそうです。

実際にルイボスティーを初めて飲む場合は、お腹がゆるんだり下痢になる可能性があるため薄めて飲むことをおすすめします。

もし実際にルイボスティーを飲んで下痢になったとしても、副作用が働いているわけではないので安心して飲んで大丈夫です。

もしも下痢が数日続くようならばルイボスティーを飲むのを辞めて、様子をみたりお医者さんに相談してみましょう。

ルイボスティーの副作用について

ルイボスティーには副作用があるのでは?

と、心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、ルイボスティーに副作用はありません

ルイボスティーが食後高血糖を改善し、食後の血糖値の急激な上昇を抑えること、さらに血中の尿酸濃度を低下させ、高尿酸血症、痛風の予防ないし治療に有効であることが明らかになっている。副作用がなく、安全に長期間摂取できるので、糖尿病、痛風の危険因子(遺伝的、環境的素因など)を有する被験者が摂取するのに適している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

むしろ、身体に良い影響と及ぼすことが明らかになっているようです。
過剰に飲み過ぎたりしなければ問題ありませんので、安心して飲むことが出来ます。

ルイボスティーはどんなお茶?

次に、ルイボスティーの成分についてご説明していきます。

ここまでルイボスティーのことをご説明してきましたが、ルイボスティーはヤバイ飲み物ではないことがわかっていただけたと思います。ルイボスティーはとっても飲みやすいお茶ですよ。

ルイボスティーは、南アフリカの先住民の日常的に飲まれているお茶で、ルイボスというマメ亜科のアスパラトゥス属一種の葉を乾燥させて作られたものです。

ルイボスは、南アフリカ共和国の山脈一帯にのみ自生する貴重な植物なのです。

ルイボスティーは、紅茶のような色をしてほのかな甘みがあるお茶で、カフェインを含まないことから、妊婦さんや赤ちゃんでも飲める健康茶として親しまれています。

安全なルイボスティーの選び方

安心・安全にルイボスティーを飲みたいという方はへ、下記のチェックをしましょう。

ルイボスティーを購入するときのチェック項目
  • 有機JAS認証かどうか
  • エコサート認証かどうか

この2点のどちらかの表示があれば、信頼できる商品ということになります。

有機JAS認証であるか

有機JAS認証かどうかは、かなり需要なチェックポイントです。

有機食品のJASに適合した生産が行われていることを登録認証機関が検査し、その結果、認証された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。この「有機JASマーク」がない農産物、畜産物及び加工食品に、「有機」、「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。

出典:農林水産省有機食品の検査認証制度より

2020年7月16日から有機の畜産食品にはJASマークが必要となりました

私自身、オーガニック製品を購入する時は有機JASの表示があるかはよくチェックしてから購入しています。

エコサート認証であるか

エコサート認証とは、有機認証機関であるエコサート・ジャパンにオーガニックの品質を保証してもらうことを指します。

エコサート・ジャパン株式会社公式HP:https://ecocert.co.jp/about

エコサート・ジャパンは、世界で信頼されている有機認証機関なので、ルイボスティーを購入する際にチェックしてみると良いでしょう。

おすすめのルイボスティー

現在日本では、様々な種類のルイボスティーが販売されています。

実際にルイボスティーを購入したいけれど、種類が多すぎてどの商品を購入したらいいのかわからない。

という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、私が愛飲しているルイボスティーをご紹介していきます。

口コミも良い商品なので、自信を持っておすすめできます!

私がおすすめするルイボスティーは、

ノンカフェインで赤ちゃんも妊婦さんも安心!ドルチボーレのオーガニックルイボスティーです。

ドルチボーレのオーガニックルイボスティーは、赤ちゃんや妊婦さんにも安心して飲んでもらえるように安心・安全を心がけてつくられています。

残留農薬検査・放射能検査・重金属(水銀)検査を第三者機関にて取得済み

味も美味しい上に、最高級グレード茶葉を使っているにも関わらず、ティーバック1袋あたり15円というコスパの良さも魅力の一部です。

ドルチボーレのオーガニックルイボスティーについてより詳しく知りたい方は、下記の記事を読んでください。

ルイボスティーを安心して飲むために

ルイボスティーは、基本的に安心して飲めるお茶ですし、副作用もありません。

過剰摂取しない限り、妊婦さんも赤ちゃんも安心して飲むことが出来ます。

インターネット上には、誤った情報が流れている場合があります。気になった商品は品質表示のチェックなどをしながら、自分自身の目で安全性を確認していきましょう。

ルイボスティーを購入する際のチェックポイント
  • 有機JAS認証か
  • エコサート認証か

どのルイボスティーを購入したらいいかわからない場合は、上記の2つを満たしているルイボスティーを購入しましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる